空となる住まいの収入源|皆が喜ぶ丁寧サービスで安定の満足度|民泊を代行することで利益UP

皆が喜ぶ丁寧サービスで安定の満足度|民泊を代行することで利益UP

ウーマン

空となる住まいの収入源

インテリア

入居者を仲介してもらう

複数の営業拠点のある会社なら、いつ転勤の辞令が下るかわかりません。単身赴任という選択も可能でしょうが、家族がともに暮らすことを望むことも多いはずです。となると、転勤により空となる住まいをそのまま放置していてもいいのかということになります。数年も使わないでいれば、確実に傷んでしまうことが明白です。不在時の管理が大きな課題となります。そこでリロケーションについて検討しましょう。リロケーションは、不動産管理会社が住まいへの入居者を仲介してくれ、自宅からの家賃収入が入るようになる仕組みです。転勤により自宅と新たな住まいの二つを持つことになる場合には、自宅から家賃収入が入ることはとてもありがたくもあります。

自宅を一時的に貸し出す

自宅を空にして転勤するのはかなり不安なことです。しかし大した目的もなくただ住まいの管理のためだけに戻ってくるのも面倒なことです。リロケーションなら自宅を貸し出して住んでもらっているので、管理の心配がなくなります。しかもリロケーションなら管理会社との契約になるので、家賃収入を受けとるだけで済みます。もちろん空になる自宅で住んでもらって家賃収入が入るのはとても魅力的です。ただ通常の賃貸の場合には、多少は貸す物件だという覚悟もできますが、やはり自宅は自分のものですしやがては戻ってくる予定ですから、あまり自由に使われ過ぎると気分のいいものでもなくなります。どのような暮らし方をする家族かを見極めて契約をするようにしましょう。