マンションの管理|皆が喜ぶ丁寧サービスで安定の満足度|民泊を代行することで利益UP

皆が喜ぶ丁寧サービスで安定の満足度|民泊を代行することで利益UP

ウーマン

マンションの管理

外観

管理会社の出番

現在、どのような形態の住宅にお住まいでしょうか。住宅の形態には大きく分けて、「戸建」と「集合住宅」に分かれることはご存知の方も多いと思います。その集合住宅にも、アパート、マンションなどと言う呼び方がありますね。マンションなどは、大規模なものになると数百世帯に及ぶものもあります。マンション管理の範囲は多岐に及びます。住人がマンション内で守るべきルールを決めたり、マンションを維持する為の補修、修繕などのその範囲の中の一つです。ではこのマンション管理はどのような人が行うのでしょうか。基本的にはマンションにはオーナーが存在しますが、オーナーが一人でマンション管理を行うのは難しいので、多くの場合は専門業者に管理を代行してもらいます。専門業者は住人とオーナーの間にたって、面倒な契約作業や管理事務を全て行ってくれるのです。

どのような仕事をするか

マンションの所有者は例外なく、マンション管理組合の組合員にならなければなりません。この管理組合の会議でそれぞれ話し合いをして、マンション全体の方針、具体的な修繕計画などを決めるのです。その中にはもちろん日々のマンション共用部の清掃、管理費、修繕積立金の徴収、駐車場料金の徴収、法定の消防点検など、範囲は多岐に渡ります。実際にそれら会議で決まった事項を遂行してくれるのが、その道のプロフェッショナルであるマンション管理会社ということになります。必ずしもそのマンション管理会社に委託しなければいけないというものでもありませんが、多くのマンションでこの管理会社に委託する形式が取られています。